【視察レポート 】国内留学・英語留学(体験型研修施設)|福島県にあるブリティッシュヒルズに行ってきました!!

イギリスよりもイギリスらしいと言われる、まさにパスポートのいらない英国!
中世の荘厳な雰囲気を漂わせる体験型研修施設、「ブリティッシュヒルズ」へ視察に行って参りました!!

旅の行程表

  • 期間:2月13日ー14日
  • 場所:福島県 ブリティッシュヒルズ
  • 交通機関:交通機関:JR利用(東海道新幹線+東北新幹線)
  • 経路:新大阪ー東京ー新白河ーブリティッシュヒルズー那須塩原ー東京ー新大阪

新大阪から新幹線にて出発し、途中東京で乗換え東北新幹線で新白河駅へ!所要時間は約4時間。 新白河駅の通路にはブリティッシュヒルズへ送迎の案内版があり、1Fに降りると緑色のマイクロバスが待機してました。 そこから送迎車で約45分でブリティッシュヒルズに着きました。

 

途中から雪道となり、ブリティッシュヒルズに着いた時は、すっかり周囲は積雪の状態でした。

重厚なマナーハウスの正面玄関から入りますと、左手にレセプションがあり手続きとなります。ブリティッシュヒルズ滞在中は、英語が公用語となります。宿泊書面に名前・連絡先・住所・体温など記入して説明を受けました。内装は英国から資材を輸入して建てた中世の英国調のもので趣があります。

 

その後、ラウンジでブリーフィングの後、館内視察からスタートしました。
Armoury/Trophy roomなどの小研修室見学、Ambassadors Room(大研修室)、荷物置き場を見てRefectory(食事会場)へ。
ここは、「ハリーポッター」の教室の雰囲気で非常に見栄えがしました。生徒の食事の場合は、セルフでトレイを回収コーナーへ持参して退出するという導線となります。

その後、Shakespeares Cottageと隣のFalstaff Pub から外へ出て宿泊棟(9棟)の見学をしました。部屋のタイプは4つ(ドミトリー(バストイレ共同ツイン~フォース)・スタンダード(バストイレ付ツイン)

デラックス・ラグジュアリー(主に一般客用)) アメニティーキット・ヘアドライヤーも完備です。
各宿泊棟は、スイスのこじんまりとしたコテージのような木造の建物で、ヒーターもあり快適でした。

トイレも、TOTOのウォシュレットで現代風でした。バスルームは猫足の中世のバスタブでした。ワードローブには、話題のマントがあり、外出時にはこのマントを着用して、ハリーポッター気分を味わうのがお約束だそうです。

 

途中にAscot Tea Roomがあり、こちらでは「Afternoon Tea」の有料サービスが人気とのことでした。その先のちょっと離れたところに新しく建てられたバラックという施設は、主として学生の研修用棟でドミトリーがメインで離れにダイニングルームもあり、管理がしやすいと高評価でした。

その後、駐車場とテニスコートの横を通り、マナーハウスへ戻り、Victorian Alley(土産物店)を見学して1周となりました。その後、部屋に入り、夕食の時間にリフェクトリーにて夕食を取りました。入り口には消毒液、テーブルには透明なパーテーションがあり、コロナ対策もきちんとされており、メインメニューは、英国の定番料理「ローストビーフ」でしたが、柔らかく、とてもおいしかったです。

ちなみに英国式のテーブルマナーに則り、食後のナイフとフォークは皿に垂直に並べて置きます。
時計の針でいう6時の位置が正式な作法となります。(斜めに置くのはフランス式とのことです)

食事の後、パブの雰囲気を見に行きました。注文はセルフでカウンターで頼み、英語ですのでソフトドリンクを頼むなどすれば、生徒の勉強にもなると先生は印象良かったです。
ちなみに我々が話したウエイターは、英国人で日本にきて1年半ぐらいだと話してくれました。

夜に部屋で休んでおりますと、地震がありましたが山の中で地盤が固かったのか、震度5強でも耐えてくれました。
レセプションから、安否確認の内線も入りましたが、幸い2階でしたのでさほど恐怖感はなかったです。
翌日は、朝食の後、マナーハウスの視察(英語にて)をしました。
Libraryには英語の書籍の初版本などがあり、貴族の権威を知らしめるのに必要だったそうです。
その隣にMagna Cartaのレプリカがある部屋が、TVドラマの「花より男子」のロケで道明寺の部屋だったそうで、こちらも非常に人気があるとのことでした。
Kings Room・Queens Room・Loungeチェアーなどにまつわる色々な逸話を聞きました。

その後、先生方がカルチャーレッスン受講とアフタヌーンティーを体験された後、帰りですが地震のため東北新幹線が不通で、那須塩原駅まで送迎してもらい帰途につきました。 この駅からは幸い臨時列車が出ており、ほぼ満席でしたが、無事に帰れました。

 

【感想】
ブリティッシュヒルズに対しての個人的な評価ですが、総じて、問題なくお勧めできます。
中高生の研修施設としては、質感、設備、コンセプトなど色々とレベルが高いと思います。
英語が苦手な生徒さんでも、この施設で過ごせば、なにかしら得るものはあるように思います。

 

ブリティッシュヒルズ・国内留学ツアーの詳細

1泊2日/モデルコース お一人様 88,800円~

その他にもプランがございますので、詳細は下記ページでご確認ください

詳細はコチラ

    この記事を見た人はこのページも見ています

    1. 旅レポ|札幌雪祭り<前日>に前乗り/北海道

    2. 旅レポ|日本三名泉・下呂温泉と謝肉祭/岐阜県

    3. 旅レポ|ヴィッセル神戸天皇杯応援ツアー2020/東京都

    海外旅行

    ビジネス旅行をお探しの方はこちら ビジネス旅行専門サイトBiz旅

    JTSが選ばれる理由

    IMGアカデミースポーツ留学

    JTSゴルフコンシェルジュ

    JTS海外渡航情報

    JTSブログ

    1. ラジエーションハウス

      業務紹介|ドラマ「ラジエーションハウスⅡ」の撮影に協力しました◎2…

      2021.10.05

    2. 業務紹介|TOKYO2020パラリンピック|フランス陸上選手団の合宿のお…

      2021.08.24

    3. フランス柔道

      業務紹介|TOKYO2020|フランス柔道選手団 事前合宿受入業務および…

      2021.07.20

    4. 業務紹介|ドラマ「華麗なる一族」に協力しました◎2021年

      2021.04.13

    5. 【添乗レポート】大阪日帰りツアー

      2021.04.05